カートをみる マイページへログイン お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

セルケア EGアミノローション

セルケア EGアミノローション
細胞レベルで分裂、増殖に働きかけ、新たな肌細胞を促す
8種類のアミノ酸で角質層から「弾む肌」、サロン専売の「細胞ケア化粧水」

セルケア EGアミノローション

価格:

4,800円 (税込 5,184円)

[ポイント還元 51ポイント〜]
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ



■内容 120ml
■成分※成分はこちらをご覧下さい。
ゆきが使いました!どんな使用感?

アラフォーはとっくに過ぎてしまったカリスマバイヤーゆき、「売るために」でなく「自分のために」(いつも、まずは自分のために化粧品は探します。)エイジングに効く化粧水を探して、たっくさん探して探して・・・たっくさん使いました。
成分的にも理論的にも使用感も数ヶ月満足できるものがなかったのですが、ようやくめぐり合えました。これは一般のルートでは流通していないので、なかなか見つからなかったワケです。
ちょっとトロみのあるテクスチャーで香りもなく、特徴もなく、地味な化粧水ですが、お肌にピタピタとなじませると、手に顔のお肌がピトッと、吸い付くような感触。
お肌がだんだんと柔らかくなっていくのを実感できます。アルコールなども使っていないので、一度お肌にのせた液は、なかなか蒸発しないので、「なじんでない?」と思われがちですが、いえいえ「蒸発していない」だけですので、そのままピタピタと馴染ませ続けてくださいね。
細胞の1つ1つがふっくらもっちり潤ってくる感覚で、今までお肌が紫外線や老化などで、ゴワついて、なかなか何をのせても浸透しなかったという方も、1本使い切ると、とにかく乱れていた肌のキメが整い、細かくなって、ゴワっとした肌から、ふっくらつるんとしたお肌に変わってきます。
バロメーターはファンデーションのノリ。ピタッと密着して「粉っぽさ」や「浮いた感じ」がゼロ!
まるで塗ってないみたいにノリがよくなってきたら、細胞からのケアがされてきた証拠!
カリスマバイヤーゆき愛用の「アイホワイト ホワイトビタローション」と並ぶほどの、かなりレベルの高い化粧水なので、ぜひぜひ使ってみて^^

成長因子配合で、お肌の「老化」に肌細胞レベルでの、新生・分裂・増殖を促す「細胞ケアシリーズ」
会員様から寄せられる、アラフォー以上世代の「肌老化の悩み」は本当に深刻なもの。
30代前半までは、ちょっとたるみが、小ジワが気になるな〜と思っても、本気出してスキンケアをすれば、すぐに解消できていたのが40代、50代となっていくと、思うように肌が元に戻りません。

この頃から「肌老化」を自覚し、コスメ選びも「保湿や美白」傾向から「アンチエイジング」傾向になるわけなのですが同時に、どういった成分や効果を選べばいいのか悩みます。

いろいろありますが、ひとついえることは、表皮や角質層までの栄養、潤いケアも大事ですが、これは若い世代も同じこと。
さらに必要なのは、真皮から皮下組織にまで働きかけてくれる成分や機能が備わったものを選ぶことです。
欲をいえば、激減していく「女性ホルモン」も肌老化を進行させる大きな要因なので、ここにも気をかけてあがるのがベストですね。
そんな中、ここ数年、着目されているのが「セルケア」してくれるコスメ。(「セル」は細胞を意味します。)
カリスマバイヤーゆきが自信をもってご紹介する
医療の最先端技術「再生医療」から生まれた究極のエイジングケアシリーズがセルケアシリーズです。
成分も開発もすべて日本国内で行っていてノンパラベン・無香料・無着色の、とても安心して使える「肌細胞再生コスメシリーズ」

→同シリーズの「セルケア 3Gエッセンス」はこちらです

しかも、このシリーズ、一般店頭では販売されておらず、ほとんどがサロン様でのお客様への施術用、また、サロン経由というルートでしか販売されていない、隠れた人気実力派コスメ!
とことん「細胞再生」にこだわった成分がぎゅっ!と詰まった肌老化ケアの決定版です。
人間の体は60兆億の細胞でできています。
細胞は日々生死を繰り返し、分裂しながら新しい細胞を作り出しています。お肌も、その細胞の集まりの1つです。でも、細胞は勝手に生まれ変わっているわけでありません。細胞が新しく生まれ増殖するには、タンパク質の働きが不可欠だということが近年の研究によって分かってきました。

そのタンパク質の総称を『GF(グロースファクター):成長因子』と言います。
そもそもグロースファクターは、体内に存在するものですが、右図のように18〜25才をピークに減少してしまいます。同時に体内のコラーゲン、エラスチンといった成分が、十分に分泌されなくなり特にシワ、くすみ、たるみなどの肌の衰えからくるトラブルが生じやすくなります。
でも、近年のバイオ技術で、減少したグロースファクター(成長因子)そのものを補給することで、体内から肌細胞を元気づけ、若々しいお肌へ導くことが可能になりました。

そんな、アンチエイジングのカギといわれている「成長因子」を配合したのが【セルケア EGアミノローション】
さらに、成長因子が、より老化細胞にしっかり働きかけるよう、相乗効果をもたらす有効成分もたっぷり配合しました。
洗顔後のお肌に、たっぷり叩き込むように、押し込むようにしながらパッティングしていただくことで、細胞ケア成分が、まっさらな洗い立てのお肌の深部にまでしみわたります。
【セルケア EGアミノローション】に配合されている特徴成分の効果
話題の新美容成分「EGF」(Epidermal Growth Factor)は、2005年に「ヒトオリゴペプチト−1」という名称で認可された成分。皮膚の表面にある受容体と結びつくことで、皮膚再生周期をコントロールし、細胞分裂を促進して既存の老化表皮細胞を回復し、新しい皮膚細胞の再生を促します。
「EGF」は、実は特殊な成分でなく、人が本来持っている因子で、体内で53個のアミノ酸から形成されるタンパク質の一種なのです。

しかし、年齢を重ねるにしたがって「EGF」の分泌量は減少し、細胞の再生が遅くなり、肌は老化・・・。
若い頃の表皮細胞の再生周期(ターンオーバー)は約28日ですが、25歳を過ぎたお肌は、4週間から6週間周期になってしまい、皮膚細胞の再生能力が落ち、角質層が厚くなることによって皮膚の老化現象が進行していきます。
そこでこの「EGF」をお肌に補給することで、年齢とともに低下する肌本来の力を助け、皮膚細胞の新生を促すことができるのです。
お肌にハリと滑らかさを保ち、できたばかりのシワを目立たなくすることに効果的です。
8種類の「アミノ酸」配合による、究極の保湿作用
(セリン・グリシン・グルタミン酸・アラニン・リシン・アルギニン・トレオニン・プロリン)
皮膚に適度な保湿力が保たれていることは、あらゆる皮膚のトラブルを防ぐためにとても重要なことです。
肌が本来持っている天然うるおい成分(NMF)の約5割を占めているのがアミノ酸です。
厳選された8種類のアミノ酸をバランスよく配合し、角質層の細胞の隙間を埋めて、内側から弾む肌へと導きます。
アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸)
ヒアルロン酸の2倍の保湿作用、さらに、老化により硬化した角質を柔軟にする作用
「アセチルヒアルロン酸Na(AcHA)」は従来のヒアルロン酸をアセチルで置換した構造を持っており、別名「スーパーヒアルロン酸」と呼ばれ、通常のヒアルロン酸の2倍の保湿力を持ち、浸透性にも優れたヒアルロン酸です。
空気中の水分までお肌に引き付け、みずみずしい素肌作りをサポート。保水力がさらにアップしたヒアルロン酸で『うるおい』のあるもちもち肌をつくります。
※EGFとの併用が効果的で、細胞が適度な水分を保つことで栄養分やミネラル成分などが細胞間をバランスよく移動することができるようになります。
また、ヒアルロン酸等の吸湿性は細胞の生成育成に最適な環境を与えることができるので、細胞の新生をスムーズに補助する役割を担っています。


この「セルケアコスメ」ラインは、サロンさまがお客様のお肌の施術に使ったり、また、施術をした後のホームケア用にお客様が購入されていくというルートで主に取り扱われており、一般店頭販売は一切していません。それだけ、知る人ぞ知る、隠れた優秀コスメ♪

エイジングでお悩みの方は、ぜひ、これを1本使い切ってみてください。
できれば「セルケア 3Gエセンス」、単品使いでも満足いただける、とてもよい化粧水だと思います!
使用方法
朝と夜、洗顔後(できれば「セルケア 3Gエッセンス」を塗布後)、この「セルケア EGアミノローション」をたっぷり手にとり、顔全体、細かいところまでていねいになじませます。目の周り、ほうれい線などの箇所には、さらに重ねてなじませていただくと良いと思います。
単品でお手持ちのコスメと組み合わせていただいても、まったく問題ありませんので、「セルケア 3Gエッセンス」をお使いにならない場合は、洗顔後のお肌に直接お使いいただいて結構です。

●成分詳細●
水、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、PEG-40水添ヒマシ油、ベタイン、 ヒトオリゴペプチド−1、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、リシン、プロリン、 トレオニン、セリン、グルタミン酸、グリシン、アルギニン、アラニン、クエン酸、クエン酸Na、 PCA−Na、エクトイン、ソルビトール、チューベロース多糖類、フェノキシエタノール、 ヒドロキシエチルセルロース

カートへ

ページトップへ